振袖をレンタルするメリットとは?よくある疑問解決について初心者にも詳しく解説

海外から振袖レンタルを利用することは可能?

未婚女性が着用する正装として振袖がありますが、普段は海外で生活しているけれど式典などフォーマル場に出る場合には、ドレスではなく和装を身に付けたいと考える方は多いです。
着物の着付け技術がある人ならば振袖のみレンタルできれば、気軽に外国で和装を楽しめるのにと悩んでいる方も少なくありませんが、現状海外まで着物一式を配送するレンタルサービスはほとんどなく、国外配送まで対応しているのは主に初心者でもワンタッチで着用可能な訪問着や、浴衣の貸し出しを行っているサービスが大半です。
これは着物自体が非常に高価な着物であり、着用時に必要となる小物も多いため配送時に紛失をしたり、汚してしまうなどのトラブルが起こった場合にすぐにお店側がすぐに対応することができないことや、返却期日を全てもきちんと返送してもらえないトラブルが起こりやすいためとされています。
旅行先の国外で借りたした振袖を着用したいといったケースなら、日本の店で長期レンタルを利用して持っていくという方法がおすすめです。
または国外への配送費を考えても、購入を検討した方が総合的な費用面で安くなる可能性があります。

振袖レンタルは延長すると料金増額になる可能性あり

成人式で着る振袖は、購入される方もいますがレンタルを選ぶ方の方が今は多い傾向が見られます。
着る機会が成人式ぐらいしかないということもありますし、一人っ子でしまいで回すこともないと言う事になれば1度だけのために購入するのは勿体無いですし、もちろん保管するにはクリーニングに出したりきれいな状態で保管しなければなりませんのて手間もかかります。
それを考えると、好きなデザインで流行なども取り入れて選ぶことが出来ますし、使用後にそのまま返却できるのは便利です。
基本的にはレンタルプランは日数も決められていますが、延長することも可能な場合があります。
自分が使った後で予約が入っていると出来ないこともありますし、料金もプラスになることがありますので確認しておくと良いです。
撮影をする予定はなかったけれど、成人式の後にやっぱり写真館に行きたいと言うことで、振袖の延長をするケースもあります。
振袖姿は一生の思い出になります。

振袖に関する情報サイト
振袖レンタルのメリット

当サイトでは振袖をレンタルするメリットを詳しく解説しています。よくある疑問の解決に役立つ内容となっているので、初心者の方におすすめです。国内からではなく海外から借りることはできるのか、という気になる質問にもお答えしています。さらに貸し出しサービスは、選ぶ生地や柄によっても価格が大きく変わることは知っておきたいところです。予算に合った自分好みの1着を見つけるためにも、ぜひ参考にしてみてください。

Search